YouTubeのえいごであそぼの動画を見て楽しんでいます。

NHK教育テレビは、赤ちゃんの時から見せています。

「えいごであそぼ」は大好きな「いないいないばあっ」の次の番組ということもあって、そのままチャンネルを変えずに見せています。

「いないいないばあっ」は0歳児から見せているので、「えいごであそぼ」も0歳からのおつきあいです。

子どもの中では定番的な番組で、嫌がらずに、かといってすごく熱中しているわけではなく、ぼんやり見ています。

最近大好きなのは「へんてこダンス」のコーナーで、音が鳴ると同じダンスをやりはじめます。

2人の子どもがいるのですが、2人とも笑いながらダンスをやっていて、気に入っている様子です。

英語に関しては好きでも嫌いでもないスタンスのようで、親としても英語教育を必死でやっているわけではないですが、なにげなく流しておいて、英語に抵抗がない生活を送れればいいかなと思います。

きかんしゃトーマスは副音声の英語で見せていたりもできるので、生活の一部として英語を取り入れられるのは嬉しいです。

パソコンを購入したので、YouTubeにあるえいごであそぼの動画を見せたりもしています。

できれば、へんてこダンスだけを集めた15分くらいの動画集とかあるといいのになんて思います。

えいごであそぼのYouTube

続きを読む

NHKのえいごであそぼでやっているへんてこダンスが面白いみたい!

NHKのえいごであそぼは、年齢の小さい初めはなんだかよくわからなかった様子の子どもでしたが、成長するにつれてだんだん興味がでてきたようでテレビにかじりついてよく見ています。

今の時代、英語は必須になってくるので、少しでも楽しく英語に親しめるようにと考えているので、こちらの番組はキャラクターも可愛く親しみやすいのでとっても良いと思います。

大人が司会をしているのも、ネイティヴのしっかりした発音を耳にすることが出来るためとってもいいと思います。

えいごであそぼの中では、子どもは特にへんてこダンスが面白いらしく、なにこれーとゲラゲラ笑いながら楽しく真似して踊っています。

自分より大きいお兄ちゃんお姉ちゃんが真似っこして踊っている姿も憧れなのか、好きなようです。

やはり、楽しく英語に触れるていくことが一番ですよね。入り口が楽しくなければその後の勉強に対するやる気も変わり、苦手意識につながってしまったりするのではないかと思います。

他にも親子で買い物や食べ物を注文する時にはどうやって会話するかといった内容もあり、親である私もつい真剣になって見ているのですがとっても勉強になります。

日常で使う英語に触れることで、今後に活かしていけるように作られているんだなぁと思います。

えいごであそぼ ロック兄弟

続きを読む

0歳児の息子でも楽しめるEテレのえいごであそぼ

Eテレのえいごであそぼを0歳児の息子ですが、色が鮮やかで綺麗なので、楽しそうに見ています。

単語で言葉がよく出てくるので、聞いていてもわかりやすいなと思います。

出てるキャラクター達が、話をしてる中で単語で英語を話してくれるので、わからない言葉も想像がしやすいのでいいと思います。

何かを食べながらおいしいっと言ってみたり、物を持って、形を英語で言ってみたりと、言葉の意味がわからなくても、見ていても理解できるように作られていると感じます。

大人が見ていても、英語が全くわからなくても、楽しめます。

歌も流れたりするので、リズムをとって子供はいつも、真剣に見ています。

英語の歌をテロップをみながら歌えるので、覚えやすいです。

外人の人も出てるので、正しい発音で子供が聞いてくれるので嬉しいです。

それに絵本やCDなどから学ぶより、テレビだと集中してくれることがいいと思います。

難しすぎる英語の番組だとあまりみたいと思えませんが、えいごであそぼは、題名の通り、遊びながら学びながら見ることができる気がします。

今は息子はまだしゃべれませんが、しゃべれるようになるまで、見せてあげたいなと思ってます。

番組から、英語を吸収してくれるといいなと思います。

(10分動画) 英語であそぼ

続きを読む

EテレえいごであそぼのキャラクターBOとBEAはすごく可愛い!

Eテレえいごであそぼは、簡単な一言会話から、互いのやり取りの会話(挨拶や短い会話でも日常生活に必要な会話)があり、乳幼児が集中して飽きないで見れる番組です。

キャラクターのBOとBEAも可愛くて、仕草や持っている道具でも惹きつけられるように見ています。私も一緒に見る事もあり、音楽(曲調を付けて覚えやすいようなフレーズ)的なものも十分に取り入れられている為、覚えようとしなくても勝手に話せる・話しやすいといった特徴もあります。

また、曜日毎に分けられているのもあり、特に金曜日の「スペシャル・フライデーショー」は3?4曲、披露します。生歌で流行り・季節的の歌から、数え遊び歌のような応用が利く曲もあり、楽しく覚える・聞ける・話せるがテーマかと感じています。

また、英語ができない・分からない・忘れてしまった親でも、何となく分かる、これなら話せるというのも多々あり、親子で楽しく学べる番組です。実際に私も覚えて、子どもがぐずったりした時、泣いている時に歌うと泣き止んで一緒に歌ったり・振り付けを真似したりして楽しい時間に変わる事もできました。

私達の場合、えいごであそぼプラネットも購入しており、CDやDVD、人形もある為、より親しみを持って見ています。個人的には、教育と言うような指導や熱血的に訓練・覚えさせるような勉強時間は設けていませんし、やっていませんが、子ども自ら何かふとした時に英語で、「Thenk You」等と話します。

矯正や義務感なく、子ども自ら話してくれると嬉しいですし、TV効果も得られて親としても満足しています。

10分と短いですが、バラエティ溢れた楽しく学べる番組で親子共にお勧めできます。

Let’s Play Soccer! – Eric,Kiko,Bo and Bea

続きを読む

三歳になる息子がとても気に入っているえいごであそぼ

えいごであそぼは、三歳になる息子がとても気に入っている番組のひとつです。

まずカラフルな色使いで、興味を引きつけます。

番組に登場するキャラクターは日本人には馴染みのない斬新な色使いのキャラクターで、発音がとても似ているキャラクターが二名登場しますが、息子はちゃんと聞き分けて理解しています。

番組には2人のネイティブのタレントさんが番組を進めてくれますが、本物の発音で分かりやすく楽しく会話をしてくれますので番組に引き込まれていきます。

内容はアルファベットや曜日を英語の歌にして紹介しながら番組がスタートします。

そして数字や色や形などの簡単な単語を子供達が復唱するコーナーや踊りながら英語で感情を表現するといったテレビをみている側も参加できるコーナーと続き、季節にちなんだ英語の歌なども流れます。

息子は昨年のクリスマスに流れていたサンタハリーアップという歌が大好きで、年を越した今でもサンタハリーアップが聞きたいというほど大好きです。

番組内で流れるアニメーションもとても可愛らしく凝っていて、私も一緒に楽しく拝見させてもらっています。息子は1歳頃からえいごであそぼだけは興味を示して見ていました。

これは冒頭にも書きましたが、カラフルな色使いと楽しくさせるタレントさん方のテンションの高さと番組のテンポの良さだと思います。現在息子はダンサーさんが英語で感情を表現するコーナーがいちばん好きでテレビの前で踊っていて楽しそうです。

このダンスを動画に撮って投稿も受け付けていますので、投稿などされるとお子様のよい記念になると思います。

音を聞き分けて声でまねを始める1歳頃から単語を覚え始める2歳、会話を楽しめる3歳からでも対応されていますので、英語に初めて触れる機会になる素晴らしい番組だと思います。

続きを読む